なるほどね。PART2

誰にともなく、近況報告など。

性善説と性悪説について

あなたはどちらだと思いますか。

 

僕は常々、人の性質は多層構造になっていると思っています。

一番下の層は、野生の動物と同じ、食うか食われるかの性質。

それが衣食住に困らなくなると、若干の人間性のある性質が上層に現れる。

後はその人の価値観によって、重要と思う物を得るたびに上層ができる。

そんな風に考えています。

マズローの欲求5段階説に通じるもので、決して新しい考えではありません。

 

もしそうだとすると、人の本性は善でしょうか、悪でしょうか。

恐らく、人を個として捉えるなら、善も悪も無いでしょう。

最下層の性質も、生きるためには必要なものです。

しかし、他人と接する場合には話が変わってきます。

生きるために身ぐるみを剥いで殺してやろうという人は善人じゃないですよね。

であるならば、本来の人の在り方は悪ということになる気がします。

最低限の衣食住や文化的な生活が保障されて初めて人は「人間」になる。

そう考えると、僕の立場は性悪説に近いように思われます。

 

ところで以上の考えでは、善人という存在は非常に不気味なものに思えます。

完全に欲求が満たされていて、もはや何にも執着していないわけです。

接している人や物のことを「何とも思っていない」状態です。

貶めたいとも思っていないけれど、もっと良く見られたいとも思っていない。

そんな人は恐らく現実には存在しないでしょう。

しかしこれは、「善人に見られたい」場合に応用が可能かもしれません。

 

たとえば接客の場合、「この野郎」と思う客には対応が悪くなります。

ところが、客のことを「何とも思っていない」状態ではどうでしょうか。

クレームを言われようが、何とも思っていないのでムッとすることがなく。

無理な要求に対しても、よく思われようとしないのでやんわり断る。

それも、淡々と行うことが出来るわけです。

相手を「何とも思わない」ように試みると善人っぽさが出せるかもしれません。

ただし、やりすぎると人間味が無くなってしまうので注意が必要です。

世に言う人間味は、普段より少し下層の性質をチラチラ見せる事だと思うので。

 

ところで、仏教では物事に執着すると苦しみが生じると説かれているそうです。

上記の何にも執着していない状態はもはや解脱していると言っていいでしょう。

良いですね・・・僕も早く解脱して仏になりたい・・・。

 

今日の一言

人の本性は、大切なものを失ったときに現れる。

地震について

9月6日午前3時、揺れに気づいて起きると既に停電していた。

「またしても、地震を連れてきてしまった」と思った。

 

あの東日本大震災のとき、僕は仙台に住んでいた。

さらに以前、奥尻島津波が襲った時には、すぐ近くの函館にいた。

どうにも地震がつきまとう人生である。

 

通信関係の仕事をしていることもあり、昼も夜も無く駆り出された。

電話もインターネットも、電気がなければ一切出来ないのは当然のこと。

基地局は停電時に電池頼みとなるので、電源仮設等には一刻を争う状況だった。

 

一時は一週間を要すると言われた電気の復旧が、2日程度で済んだのは僥倖だ。

しかし、今後も電気の需給は逼迫すると言われている。

余震にも注意が必要とのことだ。

今後一週間程度は、予断を許さない状況が続くだろう。

 

 

8月について

なんだか、とても忙しかった。

 

お盆休みが明けた途端、怒涛のように仕事が降ってきた。

どうにかこうにかギリギリのところで仕事を終わらせて月末を迎えた。

理想的には、ほどほどの残業で済む仕事量が平均して振られればいいのだが。

そうは問屋がおろさない。

気づいたらヘロヘロになりながら8月最終日を迎えようとしている。

 

ということは、あと2ヶ月で31歳だ。

30歳になったと嘆いているうちにもう1年が過ぎてしまったわけだ。

人生、あくせく働いていると、案外あっという間だ。

 

今日の一言

働きたくないでござる!絶対に働きたくないでござる!

睡眠の質について

以前、寝る時にアイマスクと耳栓をしているという日記を書いた。

しかし、最近はどうにもそれだけでは夜中に目が覚めてしまう。

寝付きもあまりよろしくない。

精神的なものもあるのかもしれない。

最近はお仕事のプレッシャーが一層のしかかるようになってきている。

 

そんなわけで、「テアニン」というサプリを買ってみた。

光学異性体を区別して「L-テアニン」というのが正式な名前のようだ。

この物質はお茶のうまみ成分であるだけでなく、リラックス効果があるらしい。

実際、機能性食品としての認可を受けており、それによれば

・起床時の疲労感や眠気を低減する

・一過性の作業に伴うストレスをやわらげる

という効果が謳われている。

 

1日200mg程度の摂取で効果があるらしく、早速昨日から飲み始めた。

まだ始めたばかりなので「すごくよく眠れた!!!」という感覚はあまりない。

強いて言えば、寝付きが少し良かったような…というくらいだろうか。

お盆休み明けということもあるので、そちらの怠さの方が強かったのかもしれない。

継続は力なり、ということでまずは30日続けてみて様子を見たいと思う。

 

今日の一言

睡眠の!!!重要性!!!

お盆について

ゴールデンウィークに「もうしばらく休みがない」と嘆いていたと思えばもうお盆だ。

あっという間に上半期も終わろうという勢いである。

僕は少し早めのお盆休みに入った。

 

お盆といえば、コミケの時期でもある。

割とここ数年、東京に足を伸ばしていたわけだが、今年はゆっくりすることにした。

たまには本来のお盆に立ち返り、実家に帰って墓参りをしようというわけだ。

今年の本州の暑さは殺人的らしいので、行かなくてむしろ正解かもしれない。

家族ともしばらく会えていないので、久しぶりに緩んだ気持ちで過ごせそうだ。

 

もっと地球が温暖化したら、首都が札幌になる日が来るのだろうか。

そう思うと、少しは長生きして将来を見てみたいという気もする。

 

 

今日の一句

盆休み 先祖共々帰省して 迎える人のいるありがたさ

会社について

今日は、会社の飲み会があった。

 

僕は会社の飲み会というのがとにかく嫌いだ。

どう綺麗事を並べ立てたところで、あれはゴマすり合戦に過ぎない。

「どうだ、もう一軒?」

「よろこんで!」

と付いていく部下の従順さは、僕の目には奇異に映る。

何せ、会社という組織はそもそもビジネスをするためのものだ。

働いて、お金を得るためのものと言って差し支えないだろう。

仲良しこよしするために寄り集まっているのではない。

確かにビジネス上コミュニケーションは重要だが、少し行き過ぎてはいないか。

なぜ、あそこまでの関係性を持とうとするのか。

 

会社にいると、ベテラン層と若手の会話内容にある種の規則性を感じる。

若手は、友人関係や自分の恋人、家族の話が多い。

ベテラン層は、会社の誰それがああした、こうしたという話が多い。

最近の若者は公私の「私」を重視している、という風にも捉えられるだろう。

しかし、僕はこのように考えている。

「会社に浸かった人間は、やがて会社内に家族的組織を構築する」

つまり、会社が友達や恋人、家族よりもプライベートな組織になるのだ。

これは決して、社長がお父さんで副社長がお兄ちゃんで…ということではない。

ある組織で有力な人間の周りに、その「ファミリー」的な人が寄り集まるのだ。

「ファミリー」の上下関係は親子関係のように絶対的で密なものとなる。

変な話、任侠の世界みたいなものと言っても過言ではない。

酒坏を交わしたオジキやアニキがいっぱいいるわけである。

ファミリーに従っていれば、やがて引っ張り上げてもらえるという寸法だ。

そうなると、自分の家族のことより会社のファミリーが大事になってしまう。

「娘の送り迎えをするので」と帰った人が「アイツ帰りやがって」と言われる。

身重の奥さんがいるのに、休日に会社のイベントに参加している人がいる。

でも、真に大事なのは会社のファミリーじゃなく、自分の「家族」なのでは?

 

会社のために生きるのではない。会社は生きるための手段に過ぎないはずだ。

でも僕もいつか、ああなってしまうのだろうか。

曖昧に頷いたり笑ったりしつつ、僕は今日も一次会でそっと会場を去った。

 

今日の一言

家族といえど親しき他人、会社のファミリーはもっと他人。

住んでいる街について

どうやら、ひまわり畑が街の名物の一つらしい。

 

会社の同僚にそんなことを聞いた。

そう言えば3年住んでいるのに一度も行ったことがない。

ちょうどヒマだし、今週末行ってこようかな、などと話をしていた。

 

そんなわけで、今日はそのひまわり畑を見に行った。

 

僕が住んでいる街はとても小さい。

市街地は歩いて外周を回れるくらいに小さく、山や原野、田畑が間近に迫る。

郊外にはほとんど何もないので、自然と足が向かない。

そんな郊外の山中に、ひまわり畑はあった。

 

「なるほどね」というのが感想だった。

確かに花はとても綺麗だし、丘の上に登れば景色もなかなか良い。

個人的には「来てよかった」という満足感を得ることが出来た。

しかし、わざわざ観光に訪れる人がいるかと言われると、はなはだ疑問だ。

向かう途中に「こっちがひまわり畑だぞ!」という看板は皆無。

辛うじて入り口付近に数本ののぼりが立っているだけで、危うく見過ごす所だ。

しかも、入ってみると車を停めるスペースはほとんどない。

舗装の道はすぐに途切れ、シームレスに畑に繋がっている。

そして畑には、申し訳程度の案内看板が立てられているだけで、他に何もない。

国道沿いにあるならともかく、人里から離れた所にあってこれは致命的だ。

 

帰り道、「こっちに行くとナントカの滝」という看板が目に入った。

興味を惹かれ、せっかくだし・・・と曲がって行ってみた。

しかしその道は少し進むと未舗装の砂利道に変わった。

完全に林道、それも、車一台がやっと通れる道幅である。

どう考えても、普通の小型車で行くような道ではない。

途中にポツンとあった休憩所でなんとかUターンして辛くも脱出した。

 

ホコリまみれになった車を洗車しながら、観光資源とは…と考えさせられた。

人口流出が止まらないなどと嘆く前に、整備すべきものがあるのではないか。

 

今日の一言

街の本質は、郊外にこそ現れる。